Copyright (C) 2016 Natsuko Yukawa All Rights Reserved.

JSPS科研費25510001の助成を受けて作成・運営されています。

  • Facebook Social Icon

料理療法公式アカウント

シンポジウム「実践から学ぶ料理療法」 受付開始

January 6, 2017

 

 

 

 

 

みなさま明けましておめでとうございます。

本年もなにとぞよろしくお願いいたします。

 

2017年最初の企画です。

認知症ケアと予防に役立つ「料理療法」シンポジウム

「実践から学ぶ料理療法」!

日時:2017年2月26日(日)13:30-16:30(開場 13:00)

場所:キャンパスプラザ京都5階 第1講義室

   近鉄京都線、JR各線「京都駅」下車徒歩5分(ビッグカメラ前)

対象:介護職、栄養士、一般

参加費:無料

定員280名(定員人数になり次第締め切ります)

主催:科研費 基盤研究(C)「認知症高齢者に対する『料理活動支援法』の構築と普及をめざす実践的研究」(研究代表者:京都教育大学家政科 湯川夏子)

問い合わせ・申し込み先  

京都教育大学家政科 湯川夏子 京都市伏見区深草藤森町1 

   TEL/FAX 075-644-8315 

URL:http://www.enjoy-cooking.org

*ホームページの専用フォームよりお申込み下さい。

 

本シンポジウムはJSPS科研費25510001の研究成果によるものです。

PROGRAM

基調講演 「認知症の予防とケアについて」

 益永万里 氏 (ハーベスト医療福祉専門学校介護福祉学科 学科長)
 

事例報告

・「お料理デイサービスでの取り組みと効果」

 野林英実氏(Tsuda-Machi-Kitchen 作業療法士)  

・「グループホームでの取り組み報告」

 小澤一哉氏(グループホームどんぐり 施設長)      

・「料理療法の効果評価」

 明神千穂氏(近畿大学農学部食品栄養学科 講師)    

・「料理療法をケアプランにつなげた事例」

 前田佐江子氏(特別養護老人ホーム セントポーリア愛の郷 管理栄養士)  

 

パネルディスカッション

・「料理療法」の展望と課題

 パネリスト/益永万里氏、事例発表各氏

 コーディネーター/湯川夏子(京都教育大学家政科 准教授)

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

料理療法シンポジウム開催します

February 8, 2017

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ